あなたのお子さんは安全?

 Ⅳ.指はさみ・打撲・切り傷 9-12か月頃

     
4.カミソリなどの刃物による切傷
カミソリなどの刃物による切傷(イメージ1)
 刃物を使用したらすぐに収納場所に片付け、赤ちゃんや子どもが触れないようにしましょう。収納場所の扉や引き出しには、赤ちゃんや子どもが開けられないように、ストッパー(チャイルドロック)を付けるのも一案です。
 
 赤ちゃんや子どもは大人が使うものに興味を持ち、まねをして自分でも使おうとします。このため、まな板の上に置いた包丁を取ろうとして、足の上に落としたり、洗面台のカミソリを握ってしまったりするので、注意が必要です。
 
印刷はこちら
もしものときは・・・?
・切り傷の処置で大事なのは止血です。まずは水で傷を軽く洗います。これは感染防止にもなります。傷口を深さと大きさを確認してガーゼを当てて止血します。
・それでも血が止まらない時は、止血しながら病院に連れていきます。

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.