あなたのお子さんは安全?

 Ⅳ.指はさみ・打撲・切り傷 6か月-2歳頃

     
3.家具の角などによる切傷・打撲
家具の角などによる切傷・打撲(イメージ1)
 赤ちゃんのまわりに、角や縁の鋭い家具を置かないようにし、角にはクッションテープなどを取り付け、ぶつかったときの衝撃をやわらげる工夫をしましょう。また、硬い積み木などのおもちゃは、遊び終わったら、すぐに片付けるようにしましょう。
 
 赤ちゃんは頭が重く、おすわりをさせていてもバランスを崩して、前のめりになったり、後ろに倒れたりして、近くの家具、積み木などのおもちゃにぶつかるおそれがあります。
 
ドアによる指はさみ事故(イメージ2)
 
印刷はこちら

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.