あなたのお子さんは安全?

 Ⅳ.指はさみ・打撲・切り傷 3-9か月頃

    
1.ドアによる指はさみ事故
ドアによる指はさみ事故(イメージ1)  ドアによる指はさみ事故(イメージ2)
 ドアを開閉するときは、必ず赤ちゃんの手の位置に注意しましょう。また、ドアのちょうつがい部分に、カバーを付けるなどの工夫をしましょう。さらに、ドアを開け放すときは、風で急に閉まらないように、ドアストッパーなどで固定するのも一案です。
 
 赤ちゃんの小さな指は、ちょっとしたすき間にも簡単に入ってしまいます。赤ちゃんの手の位置を確認せずにドアを閉めると、赤ちゃんの手がはさまれてしまう危険があります。開け放しにしていたドアが、風で急に閉まることもあるので、注意が必要です。
 
ドアによる指はさみ事故(イメージ3)
 
印刷はこちら

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.