あなたのお子さんは安全?

 Ⅱ.溺れ 2-3歳頃

     
4.プール、川、海での水の事故
プール、川、海での水の事故(イメージ1)
 住まいの近くに、浄化槽、防火槽、溜池など、子どもが落ちる危険性のある場所がないか確認し、そうした場所で遊ばないように注意しましょう。
 
 浄化槽、防火槽、溜池、湖、川、海に転落などして、溺れることがあります。川は、浅瀬であっても、流れでバランスを崩して転ぶと、川底は滑るので、簡単に立ち上がれず、事故につながります。
 
 子どもだけで湖や川、海に近づき、遊ぶ事がないように注意しましょう。
 
印刷はこちら
もしものときは・・・?
・溺れて意識がない、呼吸していないときは、応急手当として「心肺蘇生法」を施しながら救急車を呼ぶか、至急病院に行きます。
・意識がある場合は、暖かくして小児科を受診しましょう。
・水にもぐった程度なら、様子を見ましょう。

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.