あなたのお子さんは安全?

 Ⅰ.窒息・誤飲 3-6か月頃

3.よだれかけ、衣服のひもなどによる窒息
よだれかけ、衣服のひもなどによる窒息(イメージ1)
 赤ちゃんを寝かせるときは、よだれかけ、衣服のひもは外しましょう。また、おもちゃなどのひもも、赤ちゃんの手の届かないところにおきましょう。
 
 赤ちゃんは、寝返りをしたり、ずり上がったりと、寝ている間も動き回ります。このため、よだれかけやエプロンを付けたり、ひもの付いた衣服を着せていると、首に巻き付き窒息するおそれがあります。また、おもちゃなどのひもも、首に巻き付くおそれがあり、危険です。
印刷はこちら
もしものときは・・・?
窒息したときは、応急手当として、「心肺蘇生法」を施しながら救急車を呼ぶか、至急病院へ連れて行きます。

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.