2018年 2月 8日 Vol.388
鉛筆や先がとがった文具でのけがに注意!

  消費者庁には医療機関(※)から、子どもが鉛筆や先がとがった文具を持ったまま転倒し、顔に刺さってけがをするなどの事故報告が寄せられています。

「お絵かきをしていた兄姉のそばで、色鉛筆を両手に持って立ち、バランスを崩し前に転倒。右眼まぶたに色鉛筆が刺さり、頭蓋骨骨折。鉛筆の芯が目の周りに残ったため、摘出手術を行った。」(0歳)

「ボールペンの先をくわえたまま走り回り、転倒して、ソファにぶつかった。ペンの先端は出ていなかったが、口の中に刺さり、出血を伴うけがをした。」(1歳)

  特に小さい子どもは、色鉛筆やボールペンなどのカラフルな色の文具に興味を持ちやすく、手に取って歩き回ったり、口にくわえたりするため、事故の危険性が高まります。先がとがった文具や細長い文具を子どもが手にするときは、歩き回ったり、口にくわえたりしないように、目を離さず注意しましょう。
  また、兄姉や大人が文具を使っているときも同様に注意し、小さい子どもの目に付くところや手の届くところに、そのような文具を置かないようにしましょう。

(※)消費者庁は国民生活センターと共同で、平成22年12月から、医療機関(平成30年1月時点で24機関が参画)から事故情報の提供を受けてい ます(医療機関ネットワーク事業)。

(参考)
・過去の関連メール
 Vol.334 箸やフォークなどによる事故に気を付けて!
 Vol.327 子供の歯磨き中の喉突き事故に気を付けて

配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.