2018年 2月 1日 Vol.387
ドラム式洗濯機に閉じ込められる事故に御注意!

  先日、ドラム式洗濯機に子どもが閉じ込められて死亡する事故が発生しました。

  ドラム式洗濯機は、蓋が前面にあり洗濯物の出し入れに便利ですが、子どもが入れる高さに蓋があり、子どもが自力で簡単に洗濯槽に入ることが出来ます。
  最近の製品では閉まった蓋を中から開けることが出来るものもありますが、開けることが出来ない製品も多く使用されています。

  子どもが洗濯槽に入ることが出来ないように、洗濯機を使っていないときも必ず蓋を閉め、蓋を簡単に開けられないようにするチャイルドロック機能を利用しましょう。チャイルドロック機能がない場合は、蓋にゴムバンドを掛けるなどの工夫をしましょう。

  また、親の注意を理解できる年齢に達している子どもには、ドラム式洗濯機の中に入ると、息ができなくなることなどの危険性をよく言い聞かせましょう。

(参考)
2015年9月11日 国民生活センター 子どもサポート情報 第92号「ドラム式洗濯機に子どもが閉じ込められて死亡!」

配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.