2018年 1月 25日 Vol.385
鍋料理でのやけどに注意

  冷え込みが厳しくなり、温かい鍋料理をする機会も多いことでしょう。鍋料理の準備中や食事中に、子どもがやけどをする事故情報が医療機関(※)から、消費者庁に寄せられています。

「肉をゆでていた鍋を子どもがひっくり返し、熱湯を正面からかぶってしまった。あごや胸、太ももなど、全身の15%程度にやけどを負い、入院。」(2歳)

「保護者がテーブルの上に鍋を置こうとしたとき、鍋が傾き、テーブル横のバウンサーに寝ていた子どもに熱湯がかかりやけどを負い、救急搬送された。」(0歳)

  子どもは、鍋料理の匂いや湯気にひかれ、つい手を出したり、顔を近づけたりしがちです。料理中はもちろん、食事中も子どもが鍋を触らないように気を付け、鍋を運んだりテーブルに置いたりする際にも、周囲に子どもがいないか確認しましょう。 万が一、やけどをしたときは、患部を直接、又は着衣下のやけどは衣服の上から、すぐに水道水などの流水で冷やし、医療機関を受診しましょう。

(※)消費者庁は独立行政法人国民生活センターと共同で、平成22年12月から医療機関(平成29年10月時点で23機関が参画)から事故情報の提供を受けています(「医療機関ネットワーク」事業)。

(参考)
・過去の関連メール
 Vol.370 「キッチン周りには危険がいっぱい!」
 Vol.322 「カップ麺でのやけどに気を付けましょう!」

独立行政法人国民生活センター「すき焼き鍋の持ち運びに注意(相談解決のためのテストから No.117)」

配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.