2017年 9月 28日 Vol.367
お持ちの子ども向け製品はリコール対象ではありませんか?

  玩具やベビー用品など子ども向け製品においても、安全上問題が生じる可能性がある欠陥等があるとき又は製品をより安全に使用するための予防的措置として、リコール(回収や修理等)が行われることがあります。消費者庁では、収集した子ども向け製品のリコール情報を「消費者庁リコール情報サイト」の製品別特集に、「子ども用品-注意喚起」(※1)として掲載しています。

  <製品別特集:子ども向け製品リコール点検>
  ・玩具
  ・のりもの
  ・ベビーカー
  ・ベビーシート
  ・幼児用椅子
  ・抱っこひも
  ・ベビーベッド

  お持ちの子ども向け製品がリコール対象の場合や、リコール対象製品の型式などが分からない場合は、製造又は輸入事業者や販売店に連絡しましょう。
  また同サイトでは、冷暖房器具などの特集もあります。リコール情報を製品名等で検索することもできますので、ご活用を。

(※1)
消費者庁リコール情報サイト★製品別特集★子ども用品-注意喚起
http://www.recall.go.jp/new/detail.php?rcl=00000018422 (PCサイト)
http://www.recall.go.jp/m/detail.php?rcl=00000018422 (携帯サイト)

配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.