2016年 12月 15日 Vol.319
お菓子に原材料表示にないアレルギー物質が混入!

  クリスマスが近づき、子供にお菓子をあげる機会も増えているのではないでしょうか。
  先日、一部のラムネ菓子の原材料に、アレルギー物質である「小麦」が混入していたのに、原材料表示から「小麦」が欠落して販売されていたことが分かりました。
  この「小麦」が混入したラムネ菓子は、通年商品に加え、クリスマス向けお菓子の詰め合わせなど幅広い商品に入っております。現時点で消費者庁が把握している商品数は151点(※)に及んでいます。
  消費者庁リコール情報サイトでは、12月6日に小麦が混入したラムネ菓子の特集ページを開設しております。
  小麦アレルギーを持つ子供にラムネ菓子を食べさせる場合は、お手元の商品が該当していないか、特集ページで確認してから食べさせるようにしましょう。
  またそのほかにも、アレルギー物質が表示されていない菓子商品の回収が公表されています。詳しくは、消費者庁リコール情報サイトを確認してください。

(※)12月12日時点


(参考)
消費者庁リコール情報サイト
消費者庁リコール情報サイト 「小麦」が混入したラムネ菓子特集ページ
消費者庁リコール情報メールサービス
加工食品に含まれるアレルギー物質の表示 -食物アレルギーでお悩みの皆さまへ!-

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.