2016年 12月 8日 Vol.318
おもちゃを選ぶ時は、安全面に配慮しましょう。


  クリスマスにサンタさんからのおもちゃを楽しみにしているお子さんも多いのではないでしょうか。せっかくですから、プレゼントには安全に楽しく遊べるおもちゃを選びたいですね。
  玩具業界が決めた玩具安全(ST)基準に適合したおもちゃにはSTマークが付けられています(※)。これは、「安全面について注意深く作られたおもちゃ」として業界が推奨するものです。また、STマーク付きのおもちゃには対象年齢が記載されています。対象年齢が低いおもちゃは、部品が外れにくい、尖った部分がない等の安全性をより配慮した設計になっています。STマークや対象年齢を参考にし、安全に楽しく遊べるおもちゃを選びましょう。

  また、子供は何にでも興味を持ちます。年長の兄姉が使うおもちゃの小さなパーツなどは、口に入れると窒息の危険があります。おもちゃは乳幼児の手の届かないところに保管し、兄姉と一緒に遊ぶ時も、乳幼児が口に入れないよう十分に気を付けましょう。

(※)ST(Safety Toy)マークについて


(参考)
「お子様用の玩具や乗り物は、安全面に気を付けましょう」
・過去の関連メール
 Vol.12 STマークをご存知ですか?
 Vol.101 玩具等による窒息事故にご注意ください!

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.