2016年 10月 13日 Vol.310
おむつ替えの時の転落事故に気を付けて!

  デパートや公共施設などに設置されたおむつ交換台からの転落だけでなく、家庭内の大人用ベッドやテーブルなどの上でおむつ替えをしている時に子供が転落したという事故情報が、医療機関(※)から消費者庁に寄せられています。

「子供を大人用ベッド(高さ60cm)の端に寝かせ、おむつ替えをしようとおむつを取るために背を向けた時、ゴロンと床に転落した。」(0歳)
「ダイニングテーブル(高さ70cm)の上に子供を寝かせ、おむつ替えをした後、まだ寝返りはできないと思い、数分間目を離した時、床に転落し頭部打撲。」(0歳)

  子供の成長は早く、じっとしていて動かないと思っていても、不意に動き出して落ちてしまうこともあります。家庭内でおむつ替えをする時は、高さのない床や畳の上などで行いましょう。また、おむつ交換台などの高さがある場所では、先に替えのおむつ等の必要なものを準備してから子供を寝かせ、最後まで目を離さないように注意しましょう。

(※)消費者庁は国民生活センターと共同で、平成22年12月から、医療機関(平成27年10月時点で30機関が参画)から事故情報の提供を受けています(「医療機関ネットワーク」事業)。

(参考)
・過去の関連メール
 Vol.15 おむつ交換台からの転落事故にご注意ください!!
 Vol.203 おむつ交換台からの転落事故にご注意!

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.