2016年 9月 21日 Vol.307
口に入る大きさの磁石は子供の手の届かないところに置きましょう。


  おもちゃや磁気絆創膏の小さな磁石(マグネット)を誤飲したという事故情報が医療機関(※)から、消費者庁に寄せられています。

「直径2cm、厚さ2mmのおもちゃの磁石を飲み込み、カテーテルで摘出。経過観察のため1日入院。」(2歳)
「磁気絆創膏(5個)を子供が口に入れてしまい、慌ててかき出そうとしたときに驚いてむせながら誤飲。カテーテル、内視鏡では摘出できず最終的に緊急開腹手術。」(1歳)

  複数の磁石を飲み込んでしまうと、それらが腸壁を挟んでくっつくことで腸に穴が開いたり、腸閉塞になるなど重症化するおそれがあります。子供の口に入る大きさの磁石を手の届くところに置いていないか、あらためて、確認してみましょう。
  もし磁石を誤飲した場合には、速やかに医療機関を受診しましょう。

(※)消費者庁は国民生活センターと共同で、平成22年12月から、医療機関(平成27年10月時点で30機関が参画)から事故情報の提供を受けています(「医療機関ネットワーク」事業)。


(参考)
・過去の関連メール
 Vol.76 小さな磁石(マグネット)の誤飲で手術!

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.