2016年 8月 25日 Vol.303
台所用や洗濯用洗剤の誤飲に気を付けて!


  洗剤を誤飲してしまったとの事故情報が、医療機関(※1)から消費者庁に寄せられています。

「オレンジの香りのする台所用洗剤を、調理台下の引き出しの奥にしまっていたが、子供が容器ごと取り出して飲んでしまい、おう吐した。」(2歳)
「つかまり立ちをして洗面所の収納棚を開けて、中に入っていた洗濯用パック型洗剤を飲み込みおう吐した。」(1歳)

  フルーツのような香りや色がついた洗剤は、子供の興味を引き付け、飲み物や食べ物と間違えられやすい製品です。子供の手が届かない、見えないところに保管し、使用後も忘れずに戻すよう注意しましょう。また、子供の行動に十分注意するとともに、子供が食品を区別できるようになったら、洗剤は飲み物や食べ物、おもちゃではないことを、しっかりと教えましょう。

  なお、もし洗剤を誤飲してしまったら、すぐに医師や中毒110番(※2)に相談しましょう。

(※1)消費者庁は国民生活センターと共同で、平成22年12月から、医療機関(平成27年10月時点で30機関が参画)から事故情報の提供を受けています(「医療機関ネットワーク」事業)。

(※2)緊急の相談窓口「公益財団法人 日本中毒情報センター 中毒110番」
 <大阪>  072-727-2499 (365日 24時間対応)
 <つくば> 029-852-9999 (365日 9~21時対応)
 http://www.j-poison-ic.or.jp


(参考)
・過去の関連メール
 Vol.204 洗濯用のパック型液体洗剤の誤飲に気をつけて!
 Vol.213 御注意!子どもは、便器内の薬剤も口に入れてしまいます!!

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.