2015年 10月 29日 Vol.262
化粧品の保管に注意 ~子供は大人の真似が大好きです

  化粧のまねによる事故情報が、医療機関(※)から寄せられています。

  「親が目を離した間に、親のまねをして付けまつ毛を付けようとして、化粧箱にあった付け爪用の接着剤を使ってしまい、まぶたがくっついて開かなくなった」

  子供は大人のまねが大好きですが、化粧品を思わぬ使い方をして事故になることがあります。

  化粧品は、子供が手の届かない又は見えない所に保管しましょう。また、子供が子供向け化粧品を使用する場合は、必ず大人が見守って使用させましょう。
  万一、マニキュアや除光液、接着剤などが眼に入った場合は、こすらずに、すぐに水で15分以上よく洗い流した後、ただちに眼科医を受診してください。

(※)消費者庁は国民生活センターと共同で、平成22年12月から、医療機関(平成27年10月時点で30機関が参画)から事故情報の提供を受けています(「医療機関ネットワーク」事業)。


(参考)
・過去の関連メール
 Vol.161 マニキュア類は子どもの手が届かない所へ!

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.