2015年 8月 27日 Vol.253
子供の誤飲事故を防ぎましょう!

  子供が医薬品やボタン電池等を誤飲した場合、重篤な健康被害が発生するおそれがあります。

<誤飲事故の予防方法>
  医薬品:子供が開けにくい容器に入れ、子供の手の届かない場所に保管しましょう。また、子供用のシロップのような薬は、チャイルドレジスタンス容器(※)を選ぶようにしましょう。
  ボタン電池:電池蓋が開きにくい製品を選びましょう。また、電池蓋が取れやすい製品には電池蓋にテープを貼る等の対策をしましょう。
  パック型液体洗剤:使い終わったら、すぐに子供の手の届かない場所に片付けましょう。

  小さな子供は手にしたものを何でも口に入れようとします。身の回りのものをしっかりと管理して、子供の誤飲事故を未然に防ぎましょう。万一、子供が誤飲した、又はその疑いがある場合は、すぐに医療機関で受診しましょう。
  政府インターネットテレビでは、子供の誤飲事故を防止するためのポイントを紹介しています。こちらも是非御覧ください。

(※)チャイルドレジスタンス容器とは、子供が開けにくいように工夫された容器のことです。下に押しながら回さないとキャップが開かないものや、キャップの側面をつまむことでキャップが開く仕組みのもの等があります。


(参考)
・政府インターネットテレビ
「子どもの誤飲事故を防ぎましょう!医薬品・ボタン電池・パック型液体洗剤」
・過去の関連メール
 Vol.230 洗濯用パック型液体洗剤に気をつけて!
 Vol.219 子どもによる医薬品の誤飲事故に注意!
 Vol.212 キッチンタイマーなど、簡単に電池が飛び出る商品が!!
 Vol.192 ボタン電池は誤飲すると危険です!
 Vol.158 錠剤の誤飲にご注意!

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.