2015年 8月 20日 Vol.252
熱中症に御注意ください

  熱中症になりやすい時期です。東京消防庁管内では、子供が車の中に閉じ込められ、熱中症になった事例が報告されています。

  「11時5分頃、母親が郵便局での用事を済ませ、子供と荷物を車に乗せてドアを閉めたところ、ドアロックが掛かり、荷物の中にキーを入れていたため解除不能となった。」(2歳、熱中症、気温33.2度、湿度60パーセント)

  夏の車内の温度は、短時間で高温になります。また、夏だけでなく、春や秋においても熱中症の危険はあります。ほんの少しの時間でも、絶対に子供を車内に残さないようにしましょう。

  また、高温の炎天下にいると、大量の汗で体の水分や塩分が失われ、体温調節がうまくできなくなり熱中症になる危険性があります。子供は大人に比べて身長が低いため、大人よりも地面からの照り返しの影響を強く受けます。外出の際は、子供の体調の変化に十分注意し、こまめな水分、塩分補給を心掛けましょう。


(参考)
東京消防庁「熱中症に気をつけよう!」
・過去の関連メール
 Vol.143 熱中症に注意しましょう
 Vol.41 子どもの熱中症対策を!ただし古い扇風機の事故に注意

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.