2015年 8月 13日 Vol.251
ベビーカーによる指挟み事故に注意!

  今年に入って、ベビーカーによる指挟み事故に関する報告が3件消費者庁に寄せられています。

  「ベビーカーを開く際に、幼児(1歳)が指を挟み重傷を負った。」(2月神奈川県・4月徳島県発生)
  「親がベビーカーを開いた際、幼児の指が挟まれ、指先を負傷。」(6月北海道発生)

  ベビーカーの開閉操作をする際は、可動部で子供の指や手足を挟んだり、ベビーカーが体に当たったりして怪我をするおそれがあります。子供がベビーカーに早く乗りたがったり、自分で乗ろうとしたりしている時に、親が開閉操作をして事故が発生することが考えられます。ベビーカーの開閉時には、子供が触っていないこと、近くにいないことを確認して、安全に利用しましょう。


(参考)
・過去の関連メール
 Vol.56 ベビーカーによる指挟み込み事故防止のため、ヒンジカバーの配布を受けて!
 Vol.37 ベビーカーの指挟み込み事故の防止

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.