2015年 7月 9日 Vol.246
芳香剤・消臭剤が子供の顔に噴射されてしまった!

  センサーで人影を感知して自動的に噴射したり、タイマーで自動的に噴射したりするタイプの芳香剤や消臭剤は、香りが持続し便利ですが、子供の顔に掛かってしまったという事故も起きています。

  センサーで噴射されるスプレータイプの芳香剤を床に置いていたところ、のぞき込んだ子供(3歳)の目にスプレーが噴射されてしまった。(体験談より抜粋)

  子供(4歳)が自動噴射型エアゾール式の消臭剤をのぞき込んだ際、眼に向かって噴霧され、眼が充血した。(厚生労働省報告)

  装置に触れなくても自動的に噴射されるタイプの芳香剤や消臭剤については、子供の手の届かない所に置くだけでなく、噴射されても子供の顔に掛からない場所・向きに置くように注意してください。万一、事故が生じた場合は、子供の症状の有無にかかわらず、医療機関を受診しましょう。


(参考)
厚生労働省「平成25年度  家庭用品等に係る健康被害病院モニター報告」

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.