2015年 7月 2日 Vol.245
小麦アレルギーの方は要注意!~米粉製品に小麦が入っていることも

  医療機関(※)等より、小麦アレルギーのある子供が、米粉パンや米粉クッキー等の米粉製品を食べて、アレルギー症状を発症したという事故情報が寄せられています。

  「米粉パンを1口食べたら、顔が赤くなり泣き出した。「小麦を含む」と書いてあることに後で気付いた。」(1歳)

  「パン屋で米粉パンを買い、小麦アレルギーの息子に食べさせたところアレルギー症状が出た。店に申し出ると、「小麦も入っている」と言われた。」(1歳)

  米粉製品にも、小麦や小麦グルテン(小麦たんぱく質)、小麦由来の食品添加物が入っている場合があります。容器包装された加工食品には、アレルギー物質である小麦の表示が義務付けられているので、よく確認しましょう。一方、店内で焼いたパンなど対面販売のものには、表示がないものもあるので、お店の人によく確認して選びましょう。

(※)消費者庁は国民生活センターと共同で、平成22年12月から、医療機関(平成27年4月時点で28機関が参画)から事故情報の提供を受けています(「医療機関ネットワーク」事業)。


(参考)
食品表示の適正化に向けた取組について
・過去の関連メール
 Vol.8 「アレルギー患者が食べられる卵」に注意
 Vol.65 ハチミツは、1歳を過ぎてから!
 Vol.96 乳児用食品の表示がスタート

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.