2015年 6月 11日 Vol.242
エスカレーターの挟まれ事故に御注意!

  乳幼児がエスカレーターに挟まれ、救急搬送される事例が報告されています。(東京消防庁管内、平成22年~平成26年までで54人)。

  「母親と手をつなぎ、駅の上りエスカレーターに乗っていたところ、持っていたゴミを落としてしまったので、拾おうとした際、エスカレーターのステップと側面のスカートガードの間に、左手の指を挟まれた。」(3歳)

  「上りエスカレーターにおいて、階下側に振り向いた際、ステップと側面のスカートガードの間に、右サンダルと右つま先部分を挟まれた。」(5歳)

  エスカレーターを利用する際は、子供を必ず黄色い線の内側に立たせ、エスカレーターの側面に寄り掛からないようにして、子供から目を離さないように十分注意しましょう。また、子供の衣類の裾や靴ひもにも注意しましょう。

(参考)
東京消防庁「エスカレーターで起きる乳幼児のはさまれ事故に御注意!」
・過去の関連メール:
 Vol.120 エレベーターでの事故にご注意!

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.