2015年 4月 9日 Vol.233
花粉防御用眼鏡をかける際は御注意!

  花粉症の季節となり、子供に花粉対策グッズを使わせている御家庭も見受けられます。花粉防御用眼鏡をかけた子供が、転んだり、ぶつかったりした際、花粉を防ぐためのフレームの張り出しで目の周辺にけがを負う事故が起きており、以前より国民生活センターが注意喚起を行っています。例えば、以下のような事例があります。

  「登校中に転んで花粉防御用眼鏡と顔が接触し、フレームでまぶたの上を切り12針縫うけがをした」(7歳)。

  花粉防御用眼鏡は、スポーツや激しい運動などをする際には必ず外させましょう。また、フレームの張り出しで視界が変化して見えにくくなることから、初めて使用する際には視界の変化に十分慣れさせ、使用時には普段よりも周囲に注意を払うよう、子供に言い聞かせましょう。


(参考)
国民生活センター「子ども用の花粉防御用眼鏡の安全性(再注意喚起)-衝突や転倒などによる目の周辺のけがを防ぐために-」
・過去の関連メール:
 Vol.130 子ども用の花粉防御用眼鏡による顔のけがにご注意!

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.