2015年 3月 26日 Vol.231
水道の蛇口で歯が抜けた! ~体験談の御紹介30~

  30代女性から頂いた体験談です。

  1歳10か月の娘は、いつもお風呂に入ると蛇口から直接水を飲んでいたのですが、ある日その蛇口を噛んで遊んでいたようで、下の奥歯が蛇口の穴(吐水口)にガッチリはまって取れなくなってしまい、奥歯が根こそぎ抜けてしまいました。もし中途半端に折れたりしていたら、局部麻酔をかけて処置する必要があったとのことでした。

  同様に、入浴中の女児(1歳9か月)が水道の蛇口から直接水を飲もうとした際、蛇口から顔が離れなくなり、母親が体を引き離したところ、下の奥歯が蛇口側にくっついたまま脱落したという例が、日本小児科学会からも報告されています。

  蛇口の形状によっては、子供の乳歯がぴったりはまって取れなくなってしまうことがありますので、御注意下さい。


(参考)
公益社団法人日本小児科学会 Injury Alert(傷害速報)
「No.030 蛇口による乳臼歯の脱臼」

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.