2014年 11月 13日 Vol.213
御注意!子どもは、便器内の薬剤も口に入れてしまいます!!
  日本中毒情報センターによると、トイレの便器の内側にジェル状の薬剤を貼り付ける新しいタイプのトイレ用洗剤・芳香剤に関する相談が増加しています。
  親が目を離した隙に子どもがトイレに入り、便器内の薬剤に手をつけて、口に入れてしまったという事故について、2013年には200件を超える問合せがあったとのことです。

  こうしたジェル状の薬剤は綺麗な色や良い香りをしているため、子どもの興味を引きます。口に入れてはいけないものであることをきちんと教えましょう。また、トイレでいたずらしないように注意しましょう。
  万が一、子どもが薬剤を口に入れてしまったときにはすぐに医師や中毒110番(※)に相談しましょう。

(※)緊急の相談窓口「公益財団法人 日本中毒情報センター 中毒110番」
        <大阪> 072-727-2499 (365日 24時間対応)
        <つくば>029-852-9999 (365日 9~21時対応)
 
(参考)
日本中毒情報センター「月別受信速報(9月の話題)」

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.