2014年 8月 21日 Vol.201
ドラム式洗濯機に入り閉じ込められて死亡!
  洗濯機に子どもが入り死亡する事故が海外で発生しています。「ドラム式洗濯機によじ登って洗濯槽に入り、蓋が閉じて、出られなくなり死亡」というものです。過去には、「洗濯槽の中に入り込んだ際、弟が操作ボタンに触れて洗濯機が動き出し、打撲により死亡」、「洗濯槽に落ちて溺死」などの事故も。

  ドラム式洗濯機は、蓋が閉まると中から開けることができない機種があります。子どもが勝手に洗濯槽の中に入らないよう、使っていない時でも、蓋は必ず閉めましょう。蓋にゴムバンドをかけるなどの工夫も有効です。また、洗濯機のボタン操作ができないようにするチャイルドロックなどの機能があるものは利用し、子どもが簡単に洗濯機を開けたり動かしたりできないようにしましょう。

(参考)
日本赤十字社 子どもの事故予防
・過去の関連メール:
  Vol.80 洗濯機による水の事故に気をつけて

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.