2014年 7月 24日 Vol.197
ペダルなし二輪遊具は、坂道、公道では使用しないで!
  近年、幼児を対象にしたペダルなし二輪遊具が販売されています。外観は自転車に似ていますが、ペダルがなく、ブレーキも付いていないものが主流で、地面を蹴って走行します。この二輪遊具は、坂道や公道等での使用が禁止されていますが、医療機関等から坂道での転倒や障害物との衝突などの事故情報が寄せられています(※)。

  国民生活センターでテストを実施したところ、坂道で使用すると傾斜によっては、短い距離でも大人が追いつけない速度になることが分かりました。大変危険ですので、坂道や公道等では絶対に使用させないようにしましょう。

  必ずヘルメットを着用させ、保護者が立ち会い、安全と思われる場所であっても子どもから絶対に目を離さないようにしましょう。

(※)消費者庁は国民生活センターと共同で医療機関ネットワーク事業を実施し、医療機関(平成26年6月時点で24機関が参画)から事故情報の提供を受けています。

(参考)
独立行政法人国民生活センター公表資料「ペダルなし二輪遊具による坂道の事故に注意」
消費者庁「ペダルなし二輪遊具の事故防止について」(注意喚起)
・過去の関連メール:
  Vol.82 ペダルなし二輪遊具はここに気をつけて

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.