2014年 5月 8日 Vol.186
ペットボトルのキャップ等の誤飲に注意!!
  暖かくなり、皆さんもペットボトルの飲料を買うことが増えているのではないでしょうか?

  水分補給には便利ですが、ペットボトルには小さなお子さんにとって危険な部分もあります。

  50代の女性からは、
  「2歳半の孫がペットボトルのキャップを口にくわえて、歯の内側に引っ掛かってしまいました。 キャップより大きく口を開かないと取れないので、顎が外れないか心配しました」
という体験談が寄せられています。

  また、キャップだけではなく、プラスチックラベルでお子さんが遊んでいて誤飲し、窒息してしまうという事故も起きています。

  万が一誤飲してしまったときには、119番や医療機関に連絡し、指示を受けましょう。

(参考)
・過去の関連メール:
  Vol.156 「ペットボトルのラベルで窒息!?の危険」

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.