2014年 4月 10日 Vol.182
自動車内への閉じ込め事故に御注意!
  子どもが自動車内に閉じ込められてしまう事故は、思い掛けない時に起きています。

  ○電子キーを自動車内に置いたままで、子どもをチャイルドシートに乗せてドアを閉めたところ、誤作動でロックが掛かり、子供が閉じ込められてしまった。(消費者庁「事故情報データバンクシステム」等より。)

  救出までに時間が掛かったり、窓を割って救出したケースもあります。

  気温が高くなるこれからの季節に、窓を閉め切った車内に閉じ込められると、熱中症や脱水症状になる危険があります。

  荷物の積み下ろしなどのほんの僅かな時間でも、幼い子どもを残して車外に出る際には、必ずキーを持って出ましょう。

  ちなみに、本日4月10日は、今春の「交通事故死ゼロを目指す日」です。今年こそ交通事故死ゼロを実現しましょう。


(参考)
JAFニュース:子どもが車内にいるままのドアロック、2ヶ月で470件 これからの季節、子どもの熱中症事故にご注意を!
日本小児科学会「自動車内への閉じ込めによる傷害」
内閣府「交通事故死ゼロを目指す日」

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.