2014年 3月 20日 Vol.179
ヘアアイロンでのやけど ~体験談の御紹介25~
  40代の女性から次のような体験談を頂きました。

「3歳5か月の子どもの足が、ヘアアイロンの髪を挟む部分にすっぽりとはまって、やけどをしてしまいました。『危ない』と思ってから一瞬の出来事でした。すぐに水で30分以上冷やし、病院で受診しましたが、やけどの程度はⅢ度(注)に近く、1か月以上通院しました。」

  ヘアアイロンは髪を挟む内側しか熱くならないので、電源を入れたまま放置しがちですが、約30秒で100度に達する製品もあり、ほんの一瞬、目を離した隙に子どもがけがをしてしまう恐れがあります。

  ヘアアイロンの電源を入れたらその場を離れない、使用中は子どもが近寄らないようにしましょう。

(注)やけどは、皮膚の損傷が及んでいる深さにより、Ⅰ度(浅い)~Ⅲ度(深い)に分類されます。Ⅰ度では、やけどは数日で治り、痕は残りませんが、Ⅲ度では、治癒期間は1か月以上で、やけどの痕が残ります。

(参考)
・過去の関連メール:
  Vol.137 「アイロンによるやけどの事故にご注意!」

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.