2014年 3月 6日 Vol.177
ブラインドのひもやカーテンの留めひもによる事故に御注意!死亡するケースも!
  ブラインドのひもやカーテンの留めひもが子どもの首に絡まる事故が、国内では2007年以降、死亡事故1件を含め少なくとも7件(※)発生しています。
  東京都が実施したアンケート調査によると、ブラインドのひもなどが、子どもの首や手足に引っ掛かるといったヒヤリ・ハットを経験した御家庭もあります。

  ブラインドやカーテンを使用する際は、以下の点に注意しましょう。
  ○子どもが過ごす場所では、ひも部分がない、ループが小さい等の安全性の高い商品を選ぶ。
  ○ひも部分を子どもの手の届かない位置でクリップ留めをする。又は、重さが掛かるとひもが切れる安全器具(ジョイント)を使う。
  ○ソファ等の家具を使って子どもがひも部分に届く場合があるので、家具の配置に注意する。

※  事故情報の出典元:日本小児科学会 Injury Alert、東京消防庁救急搬送事例、事故情報データバンクシステム

(参考)
消費者庁消費者安全課:「ブラインド等のひもの事故に気をつけて!」(2月26日公表)
東京都商品等安全対策協議会について
・過去の関連メール:
  Vol.134 カーテンの留めひも(タッセル)による事故にご注意!

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.