2014年 2月 27日 Vol.176
IH調理器でやけど!!調理直後の天板の熱に御注意! ~体験談の御紹介24~
  40代の女性から次のような体験談をいただきました。

  「先日、娘がお手伝いと言ってフライパンでウインナーを炒めていました。いつも『フライパンは熱くなっているから気を付けて』と注意していたのですが、フライパンを片付けるため目を離したほんの一瞬の間に、調理後のIH調理器にまともに手を付いたため、手のひらにやけどを負いました。」

  IH調理器そのものは熱を発しませんが、フライパンや鍋等の熱が伝わり、IH調理器の天板が高温になっていることがあります。
  子どもには、調理中はもちろん、調理後もIH調理器の天板が熱くなっていて危ないことを伝え、絶対に触らないように注意しましょう。


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.