2014年 1月 23日 Vol.171
公共交通機関でのベビーカー利用に気を付けて!(2)
  前回に続いて、ベビーカーに関する情報です。
  消費者庁が連携している医療機関(※)によると、次のような事故が報告されています。

○電車とホームの隙間にバギーの車輪が落ち、ベビーカーごとひっくり返って頭を打った。(0歳女児)
○子どもをベビーカーに乗せて電車を降りる際、電車とホームの隙間に前輪が落ちてベビーカーのバーに前頭部をぶつけた(0歳女児)

  ベビーカーで公共交通機関に乗り降りする際には隙間や段差に十分注意しましょう。また、公共交通機関を利用して外出する際には、早めに用意をして、混雑時の利用は極力避けるようにしましょう。

※消費者庁は国民生活センターと共同で、平成22年12月から、医療機関(平成25年3月時点で13機関、同年4月時点で24機関が参画)から事故情報の提供を受けています(「医療機関ネットワーク」事業)。

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.