2013年 12月 19日 Vol.167
子どもを自転車に乗せたときは、停車中の転倒にもご注意!
  自転車の幼児用座席に子どもを乗せたまま、親が自転車から手を離した、あるいはちょっと自転車から離れた隙に、自転車が子どもを乗せたまま転倒、又は子どもが自転車から転落し、けがをしたという情報が、消費者庁が連携する医療機関(※)から多数寄せられています。

  1歳の子どもを自転車の前の座席に乗せていて、母親が荷物を降ろそうと一瞬目を離した時に自転車ごと転倒し、顔面骨折で入院という深刻な事例もあります。

  子どもを自転車に乗せたときは、ヘルメットとシートベルトを着用させるほか、停車中でも自転車が転倒しないようにしっかり支えましょう。

※消費者庁は国民生活センターと共同で、平成22年12月から、医療機関(平成25年3月時点で13機関、同年4月時点で24機関が参画)から事故情報の提供を受けています(「医療機関ネットワーク」事業)。

(参考)
国民生活センター「子どもを自転車に乗せたときの転倒に注意!」
・過去の関連メール:
  Vol.112 「幼児2人同乗用自転車」の乗り降り時の注意! ~体験談の御紹介17~
  Vol.53 ちょっと待って! ~子どもを自転車に乗せる時は~
  Vol.39 幼児を自転車に乗せる際はヘルメットの着用を!~体験談の御紹介5~

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.