2013年 12月 5日 Vol.165
ストーブ等の床に置くタイプの暖房器具でのやけどに注意しましょう。
  消費者庁が連携している医療機関(※)によると、平成22年11月から平成25年10月までの間に、6歳以下の子どもの暖房器具によるやけどの事故が80件報告されています。そのうち1歳以下の子どもの事故の件数が44件と半数以上を占めています。

  ○石油ストーブにつかまり立ちをして、両手をやけどした。(0歳男児)

  ○石油ファンヒーターの温風の吹き出し口に手を入れた。(0歳女児)

  ○自宅内で転倒した際に、右腕がストーブに当たりやけどした。(3歳男児)

  床に置くタイプの暖房器具を使用する場合には、安全柵などで囲み、普段から子どもを近づけないようにしましょう。

※消費者庁は国民生活センターと共同で、平成22年12月から、医療機関(平成25年3月時点で13機関、同年4月時点で24機関が参画)から事故情報の提供を受けています(「医療機関ネットワーク」事業)。

(参考)
「あなたのお子さんは安全?」アイロンやストーブなどによるやけど

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.