2013年 10月 10日 Vol.157
カップラーメンの待ち時間で子どもがやけど!?
  消費者庁が連携している医療機関によると、カップラーメンにお湯を入れて待っている間に子どもが容器を倒してしまい、やけどをする事例が多数報告されています。

  ○1歳4か月の子どもが自宅のキッチン台に置いていたカップラーメンを倒して中身を頭からかぶった。母親は子どものおむつを替えた直後で片付けをしており目を離していた。またキッチンのゲートはたまたま開いていた。

  ○母親がカップラーメンを食べようと準備してテーブルの上に置いていたところ、子どもがこぼしてやけどした。

  親が食べようと準備していたときでも、子どもはおいしそうな香りにひかれて興味を持ちます。容器も軽く倒れやすいため、カップラーメンを食べる際には、子どもの手が届かないところで準備しましょう。

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.