2013年  9月 5日 Vol.152
ドアは蝶つがい側も危険!?~体験談の御紹介21~
  30代の女性から、次のような体験談をいただきました。

  「子どもが玄関ドアの蝶つがい側で、ドアと壁のすき間で指を挟みました。ドアが外開きなので、子どもが靴を脱ぐ時に、ドアの蝶つがい側の壁をつかんでいたようです。
  それ以降は、子どもにはドアの蝶つがい側に手をかけないように言い聞かせ、玄関から出入りするときは自分が蝶つがい側に立って、子どもはドアノブ側を通らせています。」

  子どもの指は小さく、ちょっとしたすき間にも簡単に入ってしまいます。
  ドアは風などで急に閉まることもあるので、普段からお子さんに危ないことを伝えましょう。また子どもが近くにいる時にドアを閉める場合は、子どもの手の位置などに気を付けましょう。

(参考)
「あなたのお子さんは安全?」ドアによる指はさみ
「あなたのお子さんは安全?」ドアやサッシなどでの指はさみ
・過去の関連メール:
  Vol.73 指挟み防止グッズの手作りはいかが?

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.