2013年  8月 1日 Vol.147
思いもかけない「鉄板焼き」にご注意を!
  暑い日が続いています。夏の日差しは、車のボンネットや立体駐車場の床などの鉄板の表面を非常に高温になるまで熱する力があります。直接肌に触れると火傷してしまうことも。実際、1歳の女児が立体駐車場で転びそうになって床に手をつき、両手の平にひどい火傷を負ったという事例が報告されています。

  見た目だけでは、鉄板の表面温度までよくわかりません。真夏にお子様と出歩く際には、思いもかけない「鉄板焼き」にも十分お気をつけください。

(参考)
日本小児科学会「鉄板による熱傷」

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.