2013年  7月 25日 Vol.146
子どもの事故No.1は「転落」~アンケート結果より~
  消費者庁では、本年5月末に開催された母子向けのイベント会場で、子どもの事故予防に関するアンケート調査を行いました(回答数は約400名)。

  子どもが事故に遭った、遭いそうになったことがあると回答があったなかで、状況別に多いもの上位3つは、次の通りです。

  ○転落:ソファー、ベッド、バルコニー
  ○指はさみ・打撲・切り傷:ドア、家具の角
  ○誤飲・窒息:タバコ、食べ物、おもちゃ

  0歳児を連れた20~30代の若いお母さんが多く参加した会場の生の声なので、是非、今後の事故予防の参考として下さい。

(参考)
・過去の配信メール:Vol.100  「1歳までに遭いやすい事故ランキング」

  


配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.