2013年  6月 27日 Vol.142
商業施設内の屋内遊戯施設での事故に気をつけて!
  商業施設内にある滑り台やボールプールなど体を動かして遊ぶ施設が人気ですが、全国の消費生活センターには2007年度以降の約6年間で34件の相談が寄せられており、次のような事故情報が報告されています。

  ○3歳男児がショッピングセンターのプレイルームにある滑り台から走り降り、滑り台の前においてあったソファに右額を打ち救急搬送された。
  ○5歳女児がボールプールに飛び降りたところ、ボールに隠れたところにある階段に額をぶつけ、4針縫うけがをした。

  これらの施設を利用する際は、その対象年齢や安全性についての表示を十分に確認し、適切な方法で遊ばせましょう。また、できる限り子どもから目を離さないようにしましょう。

(参考)
国民生活センター「商業施設内の屋内遊戯施設における子どもの事故」
・過去の配信メール:Vol.116  屋内遊具での思わぬケガにご注意!~冬の休暇を前に~

配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.