2013年  4月 25日 Vol.133
乳幼児の歯ブラシによる事故に注意!
  乳幼児が歯ブラシをくわえたまま転倒し、歯ブラシが突き刺さる事故が起こっていることをご存じですか。保護者への調査によると、約7割の保護者が歯ブラシによる事故を聞いたことがありません。一方で6割以上の乳幼児が歯ブラシをくわえたまま歩きまわっています。

  消費者庁には乳幼児の歯ブラシによる事故がこの約2年間で49件報告されています。年齢別では1歳児が最も多く、約9割が3歳以下です。

  歯みがきの際はお子様のそばに付き添うよう心掛けていただくほか、
○歯ブラシを口に入れたり手に持たせたまま歩き回らせない
○人や物にぶつからないよう周囲の状況に気をつける
○イスや踏み台の上など不安定な場所で歯みがきをさせない
ことにも注意しましょう。

(参考)
消費者庁・国民生活センター「乳幼児の歯ブラシによる事故に注意!」
・過去の関連メール:Vol.114 歯みがき中の事故にご注意!
  
  

配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.