2013年  2月  28日 Vol.125
耳かき中の事故にご注意!
  子どもの周りで耳かき中の事故が多く起きています。自分で耳かきをしていた場合のほか、誰かに耳かきをしてもらった際に受傷するケースもあります。以下は実際に起きた事例です。
  
○自宅居室内で2歳男児が耳かきで遊んでいた際、右耳に耳かきを入れ耳腔内を傷つけ出血が止まらなくなったもの。
○母親が1歳女児の耳かきをしていたところ、娘が頭を動かしたため、誤って竹製の耳かきで耳腔内を傷つけ出血したもの。
○母親が3歳女児の耳かきをしていたところ、女児の弟が母親の腕にぶつかりその反動で耳腔内を傷つけたもの。
  
  耳かき棒等は、乳幼児の手に届かない場所に保管し、耳かきをする際は子どもの動作や周囲の状況をよく確認してください。
  
(参考)
東京消防庁「耳かき中の事故に注意! ~3月3日は耳の日~」
国民生活センター「耳かきでの事故にご用心!」
  
  

配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.