2012年 12月 27日 Vol.117
年末年始はもちによる窒息にご注意!
  年末年始にはもちを食べる機会が多く、毎年12月から1月にかけてもち等による窒息事故が多くなっています。窒息事故は高齢者だけでなく、子どもでもしばしば起きています。
  
  子どもの窒息を防止するために、以下の点にご注意ください。
○乳幼児の食べ物について、商品等に表示されている月齢などは目安です。食べる機能の発達には個人差があるため、子どもが食べている様子をよく観察して、発達の状況にあった食品を選びましょう。
○食事中に、遊んだり、歩きまわったり、寝ころんだりすることがないよう、御家族など周りの方が注意しましょう。
  
  お子様のもち等による窒息にご注意いただき、よいお年をお迎えください。
  
(参考)
消費者庁「年末年始、高齢者によるもち等の窒息事故にご注意!」
消費者庁「子どもの窒息事故にご注意ください!」

・過去の関連メール:Vol.94 食べ物による窒息事故にご注意!
  
  

配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.