2012年 11月  15日 Vol.111
鼻や耳などから異物が入りこんだら
  子どもの鼻や耳などにビーズや豆などの異物が入りこむ事故情報が、昨年10月以来、消費者庁に98件寄せられています。
  
  こうした事故では、ボタン電池を鼻の穴に約1か月間入れたままにして、鼻の一部が溶けたケースや、耳に水分で膨張するタイプのビーズを入れて、緊急手術に至ったケースなど、重症につながる場合もあるため、ただちに医師に相談しましょう。たとえ自分で異物を取り除くことができた場合でも、体の組織に影響がないか、念のために受診すると安心です。
  
  日ごろから、小物類は子どもの手が届くところや落下するおそれがあるところに置かず、子どもの周囲を常に気にかけるよう心がけましょう。
  
(参考)
国民生活センター発行「「異物の侵入」に注意!-子どもの口、鼻、耳、眼に-」
  

配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.