2012年 7月 12日 Vol.93
子どもの冷感グッズは要注意!
  今年の夏も、暑くなりそうです。節電対策を兼ね、気化熱などを利用して涼感を得る“冷感グッズ”をお子様向けに用意されているご家庭も多いのではないでしょうか。

  首に装着する「子ども用冷感ベルト」について、国民生活センターが商品テストを行いました。その結果、成長期にある子どもは体組織・器官が柔らかく、痛みに敏感なのにもかかわらず、成人用商品よりもベルトの曲がり方がきつく、また、首へのはめ込み口の部分の開きが小さいため、首が締め付けられやすいことがわかりました。

  また、同センターが、水に浸して首に巻くマフラータイプの冷感タオル類についてもテストを行った結果、一部の製品から、アレルギー性の接触皮膚炎を起こすおそれのある防腐剤が検出されました。初めて使用する際は、防腐剤を除くために、ぬるま湯等でよく洗いましょう。異常を感じたらすぐに使用をやめ、専門医に診てもらうことをお勧めします。

  (参考)
・  国民生活センター「首が締め付けられて痛い子ども用の冷感ベルト」
  

配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.