2012年 5月 31日 Vol.87
  気をつけて!  ウォーターサーバーでのやけど
  ミネラルウォーター入りのタンクから蛇口レバーの切り替えひとつで冷水や温水を注ぐことができるウォーターサーバー。個人宅にもかなり普及しています。

  一方、消費者庁には、ウォーターサーバーによるやけどの事故情報が、過去3年間で10件寄せられています。そして、そのうちの9件が、9ヶ月から3歳までの乳幼児の事故です。

  事故の状況は、温水蛇口をひねったときにコックが外れて熱湯が噴出したケース、温水蛇口を触っているうちに熱湯が出たケース、安全ロックが容易に解除され熱湯が出たケースなど、さまざまです。

  蛇口から出る温水は約90℃もの熱湯になることがあり、乳幼児が重篤なやけどをする可能性があります。お子様を温水蛇口に近づけないようご注意ください。安全ロックが正常に作動するか、定期的な確認も大切です。

  

配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.