2011年11月24日 Vol.62
  加湿器によるやけどにご注意を!
  乾燥しがちな室内を快適な湿度に保つ加湿器が欲しくなる季節になりました。さまざまな製品がありますが、水を加熱して水蒸気を発生させるタイプ(スチーム式、スチームファン式など)による、やけど事故が多数報告されています。

  加湿器によるやけどの事故は就学前の子ども、特に1歳未満の子どもに多く起こっています。また、乳幼児は、皮膚の厚さが大人の半分以下と大変薄いため、深いやけどになるケースが多くみられます。

  乳幼児のいる家庭では、熱い蒸気の出るスチーム式加湿器は、避けた方がよいでしょう。特にペットボトルを利用する加湿器は、安定性が悪いものが多いため、乳幼児のいる家庭には不向きです。

  加湿器を選ぶ際は、ハイブリッド式等の熱い蒸気の出ないものを選び、子どもの手の届かないところに置きましょう。また、手の届かないところに置いた加湿器の電源コードを引っ張ってひっくり返し、熱湯を浴びるという事故も起きています。電源コードの扱いにも十分にご注意ください。
  

配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.