2011年7月21日 Vol.43
  テーブルの角にご注意!~体験談の御紹介6~
  30代の女性より次の体験談をいただきました。
  「1才の男の子です。部屋の中を兄弟で走り回っていたとき転び、テーブルの角で目の横を切りました。 泣いて血も出ていたので、怪我の状態がよくわからないまま病院に連れていきました。夜間だったため小児科の先生がいなかったものの、たまたま外科の先生で、診てすぐ目は大丈夫と言っていただいてホッとしました。少しでもずれていたらと思うと今でもゾッとします。」
  東京都の調査によると、商品などが原因で、子ども(1歳~6歳)が実際に怪我をした事例の中では、テーブルに衝突する事故が最も多いことが分かりました。
  ダイニングテーブルは、高さ70cm前後のものが多く売られていますが、これは1歳頃の子どもの目の高さとほぼ同じです。
  万一衝突しても大怪我をしにくいように、テーブルは丸みのあるデザインを選び、角にはクッションテープを取り付けるなどの工夫をしましょう。

配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.