2011年7月7日 Vol.41
  子どもの熱中症対策を!ただし古い扇風機の事故に注意
  子どもは体温調節機能が十分に発達していないために、大人よりも熱中症にかかりやすく、特に注意が必要です。
  熱中症の予防には「水分補給」と「暑さを避けること」が大事です。例えば、こまめに水分を補給する、扇風機やエアコンを使って室温を調整する、外出時は帽子をかぶらせるなどの対策があります。また、お子様の体温が上がっていないか、こまめにチェックすることも重要です。
  なお、今年は節電対策のために、扇風機を使う御家庭が増えることが予想されますが、その一方で、古い扇風機が発煙・発火する事故が報告されています。長年使用している扇風機は熱・湿気・ホコリなどにより部品が劣化し、発煙・発火しやすくなっているおそれがあるので、使用前に点検・確認をして、安全にお使いください。


扇風機について確認・注意をするポイント
  〔黒の角枠は使用前の確認事項、赤の丸枠は使用中の注意事項〕

  
扇風機について確認・注意をするポイント




配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.