2011年6月23日 Vol.39
  幼児を自転車に乗せる際はヘルメットの着用を!~体験談の御紹介5~
  30代の女性より「自転車の前座席に子どもを乗せて走り出そうとしたところ、雨で自転車のハンドルグリップが滑り子どもが乗った自転車ごと倒れてしまった。倒れた衝撃で子どもは大泣きだったが、シートベルトとヘルメットをかぶっていたので怪我は避けられた。」という体験談をいただきました。
  財団法人自転車産業振興協会によると、幼児(6歳未満)の保護者の3人に1人が自転車用の幼児座席使用時に、幼児に怪我をさせた経験があり、怪我の場所は、頭部が3割以上になっています。
  幼児を自転車に乗せる際は、シートベルトを装着するとともに、頭部の怪我を防ぐため、必ずヘルメットを着用させましょう。
  なお、保護者が幼児を自転車に乗車させるときは、ヘルメットをかぶらせるよう努めなければならないことが、道路交通法により定められています。

配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.