2011年 6月2日 Vol.36
ティッシュペーパーは赤ちゃんにとっては危険物!~体験談の御紹介3~
   20代の女性より「この前、子どもの口をティッシュで拭いたとき、ティッシュを子どもが掴んでそのまま口の中へ! あわてて取ろうとしたら、ティッシュが破れて、破片が子どもの口の中に残ってしまいました。 今思えば、やわらかい紙だから飲み込んでも大丈夫だと思いますが、そのときはかなりあせりました!」という体験談をいただきました。
   ティッシュペーパーを誤飲した事例は多く、東京都の調査や京都市「京あんしんこども館」への相談内容をみても、乳幼児の誤飲はティッシュペーパー等の紙類が上位を占めています。また、飲み込んでも危険が少ないと思われがちですが、外国では赤ちゃんが誤飲して窒息死した例も報告されています。
   ティッシュペーパーは、赤ちゃんにとっては危険物です。使用するときは、赤ちゃんが手に持ったり、口に入れたりしないように注意しましょう。また、使用しないときは、必ず赤ちゃんの手の届かないところに置くようにしましょう。

  (参考)皆様からお寄せいただいた体験談や工夫の紹介
          お子様の怪我や危ない!と思った体験談などをこちらまでお寄せください。

  次回の配信は2011年6月9日を予定しています。



配信情報へ戻る

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.